酵素青汁とは?酵素青汁を飲んで意味有るの?

最近注目されている酵素青汁とはっなんでしょうか?

青汁や酵素ドリンクと何が違うのか、また、飲んで意味があるのか?

などについてまとめました。

酵素青汁って何?

酵素青汁を一言で入れば、酵素と青汁の良いとこ取りということです。

生野菜には元々食物酵素を含んでいて、青汁にも酵素は含まれています。

酵素青汁は、青汁のもつ酵素や栄養素を強化した、青汁の正常進化形とも言えます。

青汁に使う青菜の産地にこだわったり、種類を工夫して特定の成分を強化したり、麹菌を使った活性の高い酵素を加えるなどして、青汁の力を高めている商品が多いです。

酵素青汁を飲んで意味有るの?

酵素は飲んでも胃で消化されてしまうので意味が無いと言われることがあります。

酵素はたんぱく質の一種なので、アミノ酸が1つか2つ繋がった程度まで細かく分解されてから吸収されますので、食べた酵素がそのまま、体内酵素消化酵素として働くことはありません。

しかし、食物に含まれる食物酵素が消化に役立つことはあります

食物酵素は胃酸で活性を失う前に一緒に摂った食物の消化に役立つといわれています。

つまり酵素ドリンクや酵素青汁に含まれる酵素は、

(1)酵素によって発酵された植物エキス
(2)食物酵素
(3)生酵素

の3つが役にたちます。

(1)の植物エキスは、栄養価が高い発酵食品なので消化吸収が容易です。また、体内に入った後に速やかに吸収され消化の負担を減らします

(2)の食物酵素は、一緒にとる食事の消化を助けることができます。

(3)の生酵素は、麹、酵母などのことであり、これらは酵素を含んでいたり、酵素を作り出すことができます。

以上の理由により、酵素青汁を飲むことは有効と言えます。

酵素を飲んで意味があるかについてはこちらの記事でも詳しく解説しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です